股割りが柔らかくならない方へ送る5つのコツ

股割りが柔らかくならない方へ送る5つのコツ

以前掲載した「【柔軟】股割りってどれくらいで柔らかくなるの?」が幸運にも人気となり、もっと具体的なコツやポイントを教えてほしいとの声を多数頂いたため、今回は「股割りが柔らかくならない方へ送る5つのコツ」と称して、私が実際に行った股割りが柔らかくなるための方法や考え方を紹介していきたいと思います。

 

 

コツ1 「筋肉を伸ばす」という考え方は捨てて下さい

 

想像してみてください。もし、あなたが開脚しても90度ほどしか足が開かず、床に手をつくことも難しい状態だった場合、筋肉の筋が伸びさえすれば、180度開脚して臍(へそ)まで床につくようになるでしょうか? 私はとても難しいと思います。

股割りは柔軟体操の1つであり、ストレッチの一種ですが、スポーツの準備運動みたいに筋肉を伸ばすという考え方は、始めたての頃は柔らかくなりますが、それ以降は柔らかくなりません。ですから「筋肉を伸ばす」という考え方は捨てて下さい。

では、股割りとはどのような運動かといえば、「体の歪み(ゆがみ)や力みをとる運動」です。

股割りはだれでも180度開脚して臍(へそ)まで床につくようになります。しかし、それは固い人と比べて筋肉の筋が2倍伸びるからではなく、硬い人と比べて体の歪みや力みが少ないからです。

ですから、股割りが柔らかくなるには、常に自分の体を観察し、「今日は少し上半身が右に傾いている」や「右足のつま先が外側へ向いている」、「お尻の奥のほうの筋肉が力んでいる」など細かな自分自身の体の歪み・力みをとっていくことが重要です。

もし非効率的な考え方を持っていた場合は、すぐに修正することをオススメします。

 

 

コツ2 押す動作を行うと柔らかくなりやすい

 

みなさんに即効性のあるコツをお伝えします。

それは股割りの姿勢の状態で「押す」動作をすることです。具体的には、壁の前で股割りの姿勢をとり、両手で前の壁を押します(両手を伸ばした状態で手の平が壁にギリギリつく位がちょうど良いです)。もし、まだ固い方で壁まで手が届かない方は、椅子などを前に置いてそれを押してもかまいません。

なぜ押す動作をすると効果があるかというと、「腰が伸びる」からです。押す動作をするには、腕や肩だけでなく腰を前に出さなければならないため、自然に腰が伸び、股割りする上で最も重要な腰を伸ばすことができます。

そのため、なかなか柔らかくならずに悩んでいた方などにこの方法をお伝えすると、急激に柔らかくなる人が大勢いらっしゃいます。是非、試してみてください。

 

 

コツ3 ムリに伸ばす必要はない

 

股割りはコツ①でお伝えした通り、体の歪みや力みをとる運動です。そのため、無理に限界までもっていくと体が力んでしまうため、逆に硬くなってしまいます。

ですから、股割りを行う際には自分の限界の70%程度のところで止めて、その状態で平常時と変わらない呼吸がとれ、無理な力みがない状態なる方が柔らかくなりやすいです。

そして、70%の状態に慣れたら、その状態から自分の限界のところまで持っていき、自分の現状を把握するのがよいかと思います。

また、100%の状態に持って行った際も呼吸は止めず、できる限り平常時と変わらない呼吸を心がけるとよいです(呼吸に意識を持っていくと筋を伸ばす痛みなどが紛れる効果もあります)。

 

 

コツ4 呼吸を止めない

 

コツ3でも説明しましたが、私は股割りしている際にどのように呼吸をしているかを常に観察します。なぜなら、呼吸の乱れ具合で、限界度合いや力み具合がわかるからです。

呼吸が止まっていないか、呼吸が弱くなっていないかなどを観察することは、柔らかくしていく上で重要ですので、是非、試してみてください。

また、少し話題がそれますが、股割りは痛みがある辛い運動だと思います。そのような状況で気を紛らわせる方法があると、長く続けられると思います。

例えば、テレビや映画を見ながら股割りをしたり、音楽を聴きながら股割りをするのもよいかと思います(私はよく歯を磨くときに股割りをします)。

ただし、痛みなどを紛らわすという意味ではテレビは効果的ですが、テレビを見ていると自分の体の観察がおろそかになる問題があります。その点で呼吸の観察は体の観察も一緒にできるためオススメです。

 

 

コツ5 足の小指の効果

 

股割りをしているときに足の指先が、どこを向いているかは重要です。できるだけ股関節からつま先までが一直線になるのが理想的です。そして、その際のつま先の意識は小指におくのがよいです。

意外に足の小指に対して意識がなくなってしまっている方が多く、最初は小指を意識するのは難しいかもしれませんが、小指に意識を持ちながら股割りをすると、なぜか柔らかくなります。試しにやってみてください。

また、「股関節からつま先までが一直線になるのが理想的」の話に戻りますが、まだ固い方の多くがつま先が外側に向いてしまうかと思います。外側に向いている限り上半身を前に倒すことができないため、外側に向ける癖はすぐに改善したほうがよいです。

あと、左右でのつま先の向きの違いも歪みの一つですので注意しましょう。

 

 

 

以上で終わりです。お読み頂きありがとうございました。

今回の記事は、考え方や最も重要なポイントに絞った内容でしたので、足の向きや上半身の倒し方などといった具体的な内容をあまり記載しておりません。もし要望がありましたら、細かな体の使い方などについても書いていきたいと思います。

 

 

 

 

【kindle本が出ました】

 

二見龍レポート#2 コンバットメディックの照井資規、弾道と弾丸を語る
二見龍レポート#2 コンバットメディックの照井資規、弾道と弾丸を語る

 

 

 

 
 

二見龍レポート#1 ネイティブ・アメリカンの狩りの技術を伝える川口拓氏との対談
二見龍レポート#1 ネイティブ・アメリカンの狩りの技術を伝える川口拓氏との対談

 

 

 

40連隊の見えない戦士達: 自然をまとう「スカウト」戦闘技術
40連隊の見えない戦士達: 自然をまとう「スカウト」戦闘技術

 

 

本書は、実戦で強烈な威力を発揮する「スカウト」の戦闘技術に触れた瞬間、根底から意識が変わってしまった隊員たちが、戦場から生き残って帰還するために、寸暇を惜しんで戦闘技術の向上へのめりこんでいく姿を記録したものです。

そして願わくば、ミリタリー関係者だけでなく、日々、現実社会という厳しい戦いの場に生きるビジネスパーソンやこれから社会へ出て行く若い人たちに、読んでいただきたいと思っています。スカウトという生き残り術を身につけることは、必ず日々の生活に役立つと私は信じています。

 

 

 

40連隊に戦闘技術の負けはない: どうすれば強くなれるのか!永田市郎と求めた世界標準
40連隊に戦闘技術の負けはない: どうすれば強くなれるのか!永田市郎と求めた世界標準

 

 

『40連隊に戦闘技術の負けはない―どうすれば強くなれるのか!永田市郎と求めた世界標準―』
に登場する隊員たちが訓練を通じ成長していく姿は、若い人達に限らず、人材育成全般にも多くのヒントがあると思います。
人生・仕事への姿勢について、ミリタリーの人に限らず、多くの人達に読んで頂ければと思います。
読み方は自由に、肩肘張らず、気楽に読んでいただき、志を持ったインストラクターと若い隊員たちの記録を堪能して頂ければ幸いです。

 

 

 

オオクワガタ採集記: 朽木割り採集・灯下採集・樹液採集の世界
オオクワガタ採集記: 朽木割り採集・灯下採集・樹液採集の世界

 

 

オオクワガタに出会い、採集やブリーディングを始めて、いつの間にか20数年が経ってしまいました。
日本各地のオオクワガタの有名ポイントで多くの仲間と出会い、採集をした楽しい思い出やズッコケ採集記は私の宝物です。
オオクワガタを通じ、色々な経験や学びがあり、人生が豊かになった感じがします。そんなオオクワガタ採集記をお楽しみ下さい。

 

 

 

オオクワガタ飼育記 ~マット飼育による美形・大型作出テクニック~
オオクワガタ飼育記 ~マット飼育による美形・大型作出テクニック~

 

 

マット飼育は、菌糸ビンのように簡単に大型を作出するのは難しい飼育法ですが、綺麗な個体を得ることができ、安価で多量にオオクワガタを飼育できることが魅力です。
本書により、マット飼育のコツを積み上げ、皆さんの目指すオオクワガタを作出して頂ければ幸いです。

 

関連記事紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です