二見龍レポート#10『FTCとの戦いを現地指揮官と振り返る』6月25日出版

二見龍レポート#10『FTCとの戦いを現地指揮官と振り返る』6月25日出版

 

 

二見龍レポート#10『FTCとの戦いを現地指揮官と振り返る』

 

 FTCとの戦闘を行った、40連隊を代表する戦闘技術と部隊運用能力の高い中隊長、馬場元3佐との対談は、FTCとの戦いを描いた後、必ず実現しなければならないと考えていました。
 全力で戦った中隊長に、あの時の戦闘の細部を聞かないまま、いつの間にか時間だけが経過してしまいました。

 長い間、FTCとの戦闘が何か自分の中で引っかかっていて、なかなか文章にできなかったことが、今回、ついに実現することになりました。
 
 私が40連隊を離れてから、時期を同じくして、彼もまた戦闘を行う世界から姿を消しました。今回、毎年行われる小倉駐屯地記念行事に参加するタイミングで、馬場元3佐との対談が実現できたのです。

 今回の『二見龍レポート#10 FTCとの戦いを現地指揮官と振り返る』は、し烈な戦いの裏舞台を記述する目的で作成致しました。

 そして、もう1つ重要な目的がありました。それは……。

 –目次–
はじめに

1章 右腕となった男との出会い
 ブレーキの壊れたダンプカーのように暴れる
 隊員の意気込みが変わる

2章 連隊対抗指揮所演習

3章 実動訓練(戦闘団検閲)で戦法を検証
 LRRPが敵後方地域で暴れる
 敵指揮官を狙え!

4章 FTCにおける戦闘指揮とエピソード
 勝利の女神が近づいてくる戦い方
 指揮所の位置と戦闘指揮
 ターゲティングの威力
 連隊直轄斥候を失った代償

5章 FTCでの突撃の真相

6章 突撃訓練を行う必要はない
 その後の40連隊はどのようになったのか
 教育の恐ろしさ
 時間がないと言って突撃させる異常な状態

おわりに

 
 

 

 

【次のブログも参考にお楽しみ下さい】

 
小倉で再会した40連隊長時代の部下からの手紙
 
小倉駐屯地を支える3000名の自衛隊協力会の温かい応援に感謝
 

 

 

 

二見龍レポート#10 『FTCとの戦いを現地指揮官と振り返る』
二見龍レポート#10『FTCとの戦いを現地指揮官と振り返る』

 

 

 

 

 

40連隊 vs FTC 無敗部隊との戦い
40連隊 vs FTC 無敗部隊との戦い

 

 

 

関連記事紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です