『自衛隊最強の部隊へ-FTC対抗部隊編-無敗最強部隊をせん滅せよ』9月23日刊行

『自衛隊最強の部隊へ-FTC対抗部隊編-無敗最強部隊をせん滅せよ』9月23日刊行

 

 

毎年参加していたFTC訓練

 

 40連隊長の着任する前の第8師団司令部第3部長(作戦・訓練担当)の時から、富士トレーニングセンター(FTC)での訓練に注目していました。
 2020年現在は、新型の戦闘交戦装置(バトラー)が師団にも1セット配られ、同じ環境に近い状態で訓練を行うことができるようになりましたが、2000年当時、FTCにしかその訓練環境はなく、最も実戦に近い状態で自由対抗戦を実施できる場所がFTCだっからです。
 
 師団内の普通科連隊がFTC訓練のため、北富士演習場へ行く機会があれば可能な限り、訓練の現地確認に行きました。師団内で鍛え上げた増強普通科連隊が壊滅しているので、FTC対抗部隊の強さは本物なのか、どのレベルにならないと対等に戦えないか確認するためでした。
 
 FTC訓練は、2~3年に1回の周期で普通科連隊に回ってきます。師団としては、毎年師団内の普通科連隊が参加している状態でした。ほぼ全滅の状態で帰ってくる連隊を見ていて、自ら確認したいと思っていたところ、師団長から「FTCの強さを確認するように」という指示を頂きました。

 

 

自ら考え行動できるFTCの隊員、詰めの厳しい訓練を常に行っているFTC

 

 FTCについて、壊滅された部隊が「熟知している地形で、FTCに有利なルールでは勝てるものでも勝てない」と語ることが多い状態でした。確かに、北富士の地形は、等高線が特殊で地図の見方が難しいところがあります。また、知らない演習場で庭のようによく知っている部隊と戦うということを考えれば、ハンデはあるかもしれません。
 各部隊の使用している演習場でFTCの対抗部隊と自由対抗戦を行ったら、勝てるのかとという視点でとらえてみると、答えはNOでした。  

 FTCは、部隊・隊員同士がよく話し合い、連携していて細かいところの詰めが実働で出来上がっていることがわかったからです。師団の増強普通科中隊が、FTCと戦闘を行っている場面を何度も見て感じたことは、真剣のFTCに竹刀で戦いに臨む状態だったからです。

 これがわかってから、連隊長になった時、必ずFTCと真剣で切り合う勝負をしたいと思うようになりました。この思いを実現できると思った40連隊とFTCの戦いを本書は描いたものです。

 

 

実戦に強い部隊の育成

 
 
 『40連隊』シリーズは、実戦に威力を発揮するために40連隊が追求してきたことについて記述してきました。私は、各部隊が自衛隊最強の部隊になる可能性があると考えています。部隊・隊員の意識が変わり、行動が変われば、どの部隊も実戦に強い部隊が育成できると思うからです。

 『40連隊』シリーズのもう1つの側面は、現在の自衛隊に対する応援の気持ちを込めて書いたものです。本書が、最強の部隊追求に役立てて頂ければ幸甚です。
 

 

 

 

【次のブログも参考にお楽しみ下さい】

 
初級陸曹と陸士の本気度は、急激な成長と強さを実現する- 師団武道大会での活躍 –
 
新しい戦法を作る時の陸士の反論
 
改革を進めている時に問題点・歪みが新たに出てきた改革は順調に進んでいる
 
陸曹が幹部になりたくなる部隊、本物の強さの追求と人材育成2
 
試合に負けるのは選手が悪いのか、監督コーチが悪いのか
 

 

 

 

自衛隊最強の部隊へ-FTC対抗部隊編: 無敗の最強部隊を殲滅せよ! – 2020/9/23
自衛隊最強の部隊へ-FTC対抗部隊編: 無敗の最強部隊を殲滅せよ! –

 

 

 

 

自衛隊は市街戦を戦えるか (新潮新書)
自衛隊は市街戦を戦えるか (新潮新書)

 

 

 

 

防災士の講演会で私が伝えている大規模地震対策
防災士の講演会で私が伝えている大規模地震対策

 

 

関連記事紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です