二見龍レポート#10『FTCとの戦いを現地指揮官と振り返る』

二見龍レポート#10『FTCとの戦いを現地指揮官と振り返る』

 

 

二見龍レポート#10『FTCとの戦いを現地指揮官と振り返る』

 

 40連隊に着任した時、会った瞬間、気になる男がいました。その男は中隊長でした。彼は、無駄なぜい肉をそぎ落とし、レンジャー隊員と同じ状態の体を維持し、獲物を狙う孤高のオオカミのような雰囲気を漂わせていました。

 「彼は何を求め、この状態と雰囲気を維持しているのだろう」という疑問が純粋に浮かび上がりました。
 明らかに普通の幹部とは異なる匂いを感じたのです。これが、FTCとの戦闘で死闘を繰り広げた馬場中隊長との出会いでした。

 彼は、狙った獲物を必ず仕留める男でした。冷静で、青白い炎で敵を焼き尽くすタイプです。戦闘を行えば、手強く負けはありませんでした。
 
 馬場中隊長は、CQB、スカウトに精通し、40連隊の戦法『ターゲティング』、『LRRP』を自在に操ることのできる『40連隊に戦闘技術の負けはない』を実践する人物でした。

 馬場中隊長は、常に実戦における強さをストイックに追求していました。その姿は、40連隊の多くの隊員を感化し、彼らの行動を変えていきました。感化を受けた隊員は、本物の強さを求め、自らの能力向上を行いながら、チャレンジを続けていったのです。

 そのような馬場中隊長率いる40連隊の増強普通科中隊とFTCとの戦闘は、両者総力を尽くした名勝負となりました。

 今回の『二見龍レポート#10 FTCとの戦いを現地指揮官と振り返る』は、し烈な戦いの裏舞台を記述する目的で作成致しました。

 そして、もう1つ重要な目的がありました。それは……。

 

 

 

【次のブログも参考にお楽しみ下さい】

 
実戦的な訓練を進め部隊を強くするヒント満載の映画
 
実戦では敵指揮官の性格、今まで行ってきた訓練内容を知らなければならない
 
未来に意識を向け扉を開くフィードフォワード
 
第一線で奮闘する小倉第40普通科連隊の実戦的な戦闘訓練を観る
 

 

 

 

二見龍レポート#10 『FTCとの戦いを現地指揮官と振り返る』
二見龍レポート#10『FTCとの戦いを現地指揮官と振り返る』

 

 

 

 

 

40連隊 vs FTC 無敗部隊との戦い
40連隊 vs FTC 無敗部隊との戦い

 

 

 

 

二見龍レポート#9 現代のサムライ荒谷卓 特殊部隊を語る
二見龍レポート#9 現代のサムライ荒谷卓 特殊部隊を語る

 

 

 

 

 

 

自衛隊最強の部隊へ-戦法開発・模擬戦闘編: 敵の戦闘重心を打ち砕く勝つための戦い方
自衛隊最強の部隊へ-戦法開発・模擬戦闘編: 敵の戦闘重心を打ち砕く勝つための戦い方

 

 

 

 

 

 

関連記事紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です