8月25日刊行  二見連隊長の日常『たたかい編』

8月25日刊行  二見連隊長の日常『たたかい編』

 

 

正史に残らない人間の息づかい

 

 人間の行動は、もしかしたら、小説よりも変化に富み、予測できないものではないでしょうか。

 日常の中に、そこに生きる人の息遣いや心の動きが感じられます。多くのことを短期間に進めていった連隊長時代、それを上回る数多くのエピソードを体験しました。

 私は、過去の記憶というのは、だんだん薄れていくものだと思っていました。しかし、40連隊長の時に経験したことは、いくらでも甦ってくるから不思議です。多分、毎日全力で走りながら、考え、行動し、修正しながら前に進み続け、限界に挑戦していたからかもしれません。今思えば、信頼の絆で強く結ばれた仲間と限界へ挑戦し続けた、人生の中でも最も濃縮した2年半でした。

 40連隊シリーズは、訓練中心に、隊員一人一人の頑張りとチームワークによって強さを獲得していく姿を描いたものです。その時感じたことは、組織というものが人によって構成されており、思った通りに動かなかったり、予想以上の効果がでたり、まるで生き物みたいだということです。
 
 人は、毎日色々なことを経験しながら、小さな喜びを感じたり、大きい事業を成し遂げたり、大変な目にあったり、感謝したりしながら組織を動かしていきます。
 しかし、その熱い息づかいと行動は、正史に残る訳でもなく、記録にも残りません。これらを『連隊長の日常』としてエピソードをまとめたものです。

 

 

 

【次のブログも参考にお楽しみ下さい】

 
小倉で再会した40連隊長時代の部下からの手紙
 
40連隊の隊員によって原点に戻ることができた小倉の夜
 
40連隊の見えない戦士達 -自然をまとう「スカウト」戦闘技術-
 

 

 

 

二見連隊長の日常『たたかい編』
二見連隊長の日常『たたかい編』

 

 

 

 

二見龍レポート#10 『FTCとの戦いを現地指揮官と振り返る』
二見龍レポート#10『FTCとの戦いを現地指揮官と振り返る』

 

 

 

 

はじめての海外登山 チベット未踏峰への挑戦: 山梨県登山連盟 齋藤雄太の登頂記録
はじめての海外登山 チベット未踏峰への挑戦: 山梨県登山連盟 齋藤雄太の登頂記録

 

 

 

 

40連隊 vs FTC 無敗部隊との戦い
40連隊 vs FTC 無敗部隊との戦い

 

 

 

 

二見龍レポート#9 現代のサムライ荒谷卓 特殊部隊を語る
二見龍レポート#9 現代のサムライ荒谷卓 特殊部隊を語る

 

 

 

 

関連記事紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です