Modern Day Samurai, Araya Takashi, on Special Forces: Futami Ryu Report (English Edition) Kindle版(2021.1.22)

Modern Day Samurai, Araya Takashi, on Special Forces: Futami Ryu Report (English Edition) Kindle版(2021.1.22)

 

 

Modern Day Samurai, Araya Takashi, on Special Forces: Futami Ryu Report (English Edition) Kindle版(2021.1.22)

 

I met Araya Takashi during our time at the Ground Staff Office (GSO), when we were looking at the future concept of the Ground Self-Defense Force (GSDF). After that, Mr. Araya overcame many difficulties to form the Special Forces Unit, becoming its first leader, and at the same time I became regimental commander of the 40th regulars. However, after finishing his duty as Special Forces Unit Leader, Mr. Araya suddenly left the GSDF. Losing him as a comrade was a great shock for me. On the other hand, I felt that he must have some other role that he had to fulfil, having completed his mission for the GSDF.

 

 

Village of Musubi in Kumano City

 

I had always wanted to speak with Mr. Araya about this. That opportunity came out of the blue in the fall of 2019, after 15 years had passed.
He had been putting into practice a way of living as a Japanese person who safeguards history and tradition. With love for Japan, his starting point was to live as a Japanese person in his day to day life, meaning that he lived to protect his country. To do so, he was living as a member of a community that grounded itself in its locale, following Japanese traditional culture, carrying out manufacture with craftsmanship, as well as holding courses for those with the same aspirations to learn about Japanese martial arts and culture.
This report comes from a conversation held by us, two former SDF officers, at the Village of Musubi in Kumano City, about “special operations”, “the spirit to battle through to the end of a fight” and “Japanese martial arts”. I hope you will enjoy this Futami Ryu Report: “Modern Day Samurai, Araya Takashi, on Special Forces.” 

 

 

 

Modern Day Samurai, Araya Takashi, on Special Forces: Futami Ryu Report (English Edition) Kindle版
Modern Day Samurai, Araya Takashi, on Special Forces: Futami Ryu Report (English Edition) Kindle版

 

 

 

 

荒谷氏との初めて出会いは、特殊部隊など、陸上自衛隊の将来構想を検討する時でした。その後、荒谷氏は多くの困難を乗り越えて、特殊作戦群を新編し、初代特殊作戦群長となり、同時期に私も第40歩兵連隊長になりました。

 当時、実戦、オペレーション主体という考え方が、まだ陸上自衛隊には根付いていない時期でした。しかも、特殊作戦を遂行する特殊部隊をレンジャー部隊の強化版と捉えていたり、陸上自衛隊が全く知らないような装備をオンハンドしなければならなかったり、軍事面だけではなく国家の命運を左右する任務を遂行する組織として機能させなければならなかった荒谷氏は、日々陸幕、部隊、装備関係部署とぶつかりながら、部隊を作り上げなければなりませんでした。そのバイタリティーは、通常の男ではできなかったことです。

 同時に、実戦に強く、各種オペレーションを完遂できる部隊の育成を実現したのです。まさしく、荒谷氏は、これからの時代に対応していく陸上自衛隊を先導していく重要な人物でした。

 しかし、彼は、特殊作戦群長の任務終了後、突然、陸上自衛隊を去ったのです。ともに同じ志を持つ同志を失うことは、私にとって大きな打撃でした。
 一方で、陸上自衛隊での使命を果たした荒谷氏は、他にやり遂げなければならない役割があるのだなと感じました。
荒谷氏とは、機会があれば、について、話してみたいと考えていました。

 その出会いは、いつの間にか15年の歳月が過ぎた2019年の秋に突然訪れました。現在、荒谷氏がお住いの三重県熊野市の『熊野飛鳥 むすびの里』を訪問しました。彼は、歴史と伝統を守る日本人として生きていく道を実践していました。

 荒谷氏は、国を守るということの意味を、日々の生活において日本人として生きることが原点であり、日本という国に愛着を持ち伝統文化を実践することであると捉えています。

 そのため、日本の伝統文化に沿って土地に根付いた集落の一員となり、農業を行い、ものづくりをすると同時に、同じ志を持つ仲間たちへ武道や日本文化を学ぶ講習会を開いています。

 本書は、パワースポット熊野のむすびの里において、自衛隊の元幹部2名が『特殊作戦』、『実戦で戦い抜くために必要な精神』、『武道』、『百姓侍村の建設』について対談したものです。

 二見龍レポート『現代のサムライ 荒谷卓 特殊部隊を語る』をお楽しみください。

 

 

 

特殊部隊vs精鋭部隊 最強を目指せ
特殊部隊vs精鋭部隊 最強を目指せ

 

 

 

二見龍レポート#9 現代のサムライ荒谷卓 特殊部隊を語る
二見龍レポート#9 現代のサムライ荒谷卓 特殊部隊を語る

 

 

 

自衛隊最強の部隊へ-災害派遣編: 地震発生! 玄界島へ出動せよ!
自衛隊最強の部隊へ-災害派遣編: 地震発生! 玄界島へ出動せよ!

 

 

 

 

自衛隊は市街戦を戦えるか (新潮新書)
自衛隊は市街戦を戦えるか (新潮新書)

 

 

 

 

関連記事紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です