熊本直下型地震災害派遣、自衛隊頑張れ

熊本直下型地震災害派遣、自衛隊頑張れ

 

 

今までの直下型地震のパターンではない

 

震度7の地震から連続して発生している直下地震は、通常の対応とは異なる活動となります。
災害派遣では、被災した場所を特定し、多くの部隊を一気に投入して、迅速に人命救助、民生支援体制を取ります。
しかし、今回連続した地震の発生により、被災地域が東北方向に大きく拡大し、再度新たな部隊の投入が必要となる状況が発生しています。

更に、大きな余震が短い間隔で襲いかかってきているので、建物がボディーブローを何度も受けてしまい、次々に倒壊や被害が拡大しており、展開している場所へも更に戦力の投入が必要となる事態になっています。

震度7の当日対応している消防車両は、複数台が現場に到着しての行動のため、比較的組織的な行動ができているのが分かりましたが、16日の段階では、複数台での対応が厳しく戦力が不足している事態になっていることが分かります。

断層のずれによる新たな地震の発生の可能性と、天候悪化による土砂崩れの発生の恐れがあり、地震対応のオペレーションが一段と難しくなります。

 

 

迅速な災害対応

 

益城町は、熊本空港が所在し、空港の隣に師団飛行隊と方面航空隊のヘリコプターの所在する高遊原駐屯地があります。
方面総監部のある健軍駐屯地から車両で20分程度の距離、実動部隊の第8師団が所在する北熊本駐屯地から40分程度の場所のため、陸上自衛隊の活動は初動がかなり速かったと思います。

連続的な地震の発生がありましたが、情報収集体制が徐々に安定してきたので災害対応組織が機能してきたことが分かります。この状況での組織的行動はかなり迅速であるといえます。

災害の規模と種類が特定できると迅速・確実なオペレーションが可能となり、被災地への救助のための接近経路が比較的確保できるため、経路が確保できているところは、早期に人命救助と民生支援が進みます。

道路や橋が破壊されているところは、地上での部隊の投入が制約されるため、これからヘリが大活躍します。空域統制を行いながら、多くのヘリを効果的、安全に運用する体制を取ります。
この時、映像撮影のため災害現場に侵入するメディアのヘリが、自衛隊や国交省のの空域統制に従って行動することが安全確保に非常に重要となります。

 

 

関係機関の活躍と地域の協力

 

自衛隊をはじめ多くの関係機関が力を合わせ、各地域からの応援部隊の投入が始まっています。災害を経験した県・市町村からも災害対応を経験した職員の応援が始まっています。

これから多くの避難者は、学校や体育館などに開設した避難所による生活が本格化していきます。町会・自治会、地域の団体が協力して運営していくことになります。

地域の力を合わせ、災害を乗り切って頂きたいと思います。

 

 

 

 

 

自衛隊最強の部隊へ-偵察・潜入・サバイバル編: 敵に察知されない、実戦に限りなく特化した見えない戦士の育成
自衛隊最強の部隊へ-偵察・潜入・サバイバル編: 敵に察知されない、実戦に限りなく特化した見えない戦士の育成

 

 

 

 

 

【kindle本が出ました】

 

二見龍レポート#2 コンバットメディックの照井資規、弾道と弾丸を語る
二見龍レポート#2 コンバットメディックの照井資規、弾道と弾丸を語る

 

 

 

 

 

二見龍レポート#1 ネイティブ・アメリカンの狩りの技術を伝える川口拓氏との対談
二見龍レポート#1 ネイティブ・アメリカンの狩りの技術を伝える川口拓氏との対談

 

 

 

40連隊の見えない戦士達: 自然をまとう「スカウト」戦闘技術
40連隊の見えない戦士達: 自然をまとう「スカウト」戦闘技術

 

 

本書は、実戦で強烈な威力を発揮する「スカウト」の戦闘技術に触れた瞬間、根底から意識が変わってしまった隊員たちが、戦場から生き残って帰還するために、寸暇を惜しんで戦闘技術の向上へのめりこんでいく姿を記録したものです。

そして願わくば、ミリタリー関係者だけでなく、日々、現実社会という厳しい戦いの場に生きるビジネスパーソンやこれから社会へ出て行く若い人たちに、読んでいただきたいと思っています。スカウトという生き残り術を身につけることは、必ず日々の生活に役立つと私は信じています。

 

 

 

40連隊に戦闘技術の負けはない: どうすれば強くなれるのか!永田市郎と求めた世界標準
40連隊に戦闘技術の負けはない: どうすれば強くなれるのか!永田市郎と求めた世界標準

 

 

『40連隊に戦闘技術の負けはない―どうすれば強くなれるのか!永田市郎と求めた世界標準―』
に登場する隊員たちが訓練を通じ成長していく姿は、若い人達に限らず、人材育成全般にも多くのヒントがあると思います。
人生・仕事への姿勢について、ミリタリーの人に限らず、多くの人達に読んで頂ければと思います。
読み方は自由に、肩肘張らず、気楽に読んでいただき、志を持ったインストラクターと若い隊員たちの記録を堪能して頂ければ幸いです。

 

 

 

オオクワガタ採集記: 朽木割り採集・灯下採集・樹液採集の世界
オオクワガタ採集記: 朽木割り採集・灯下採集・樹液採集の世界

 

 

オオクワガタに出会い、採集やブリーディングを始めて、いつの間にか20数年が経ってしまいました。
日本各地のオオクワガタの有名ポイントで多くの仲間と出会い、採集をした楽しい思い出やズッコケ採集記は私の宝物です。
オオクワガタを通じ、色々な経験や学びがあり、人生が豊かになった感じがします。そんなオオクワガタ採集記をお楽しみ下さい。

 

 

 

オオクワガタ飼育記 ~マット飼育による美形・大型作出テクニック~
オオクワガタ飼育記 ~マット飼育による美形・大型作出テクニック~

 

 

マット飼育は、菌糸ビンのように簡単に大型を作出するのは難しい飼育法ですが、綺麗な個体を得ることができ、安価で多量にオオクワガタを飼育できることが魅力です。
本書により、マット飼育のコツを積み上げ、皆さんの目指すオオクワガタを作出して頂ければ幸いです。

 

関連記事紹介

1 Comments

  1. Pingback: 40連隊シリーズ第5弾『自衛隊最強の部隊へ-災害派遣編』2021.1.9刊行予定 | 戦闘組織に学ぶ人材育成

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です