霊感のある友人との不思議な体験 -頭にロウソクを立てた白装束の老婆に見つかる-

霊感のある友人との不思議な体験 -頭にロウソクを立てた白装束の老婆に見つかる-

 

 

霊感のある友人といると不思議なことが起こる

 

世の中には不思議なことが存在します。見えないものが見えたり、感じることのできる「霊感」もその一つです。霊感のある友人といると霊感のない自分も、不思議な体験を味わうことができます。しかし、いつも肝に銘じていることがあります。「余計なことをするとろくなことはないのでやってはならない」です。

 

 

霊感のある友人と味わった閉塞空間

 

高校時代、あだ名がオキツネと呼ばれる友人と週末を過ごすのが楽しみでした。
夜中、音楽を聴いている時、「近くの墓場に行こう」ということになってしまい、オキツネのバイクに乗って、夜間の人通りがほとんど無い、車道から一本入った一方が水路で三方を万年塀に囲まれている小さな墓地に行きました。

この墓地は、小学校の時の通学路の近くにあり、よく知っているところです。
水路の近くの万年塀の前にバイクを止め、水路と万年塀の隙間から中に入りました。

中に入っても、普通の墓地で「こんなもんだな」と思っていたら、離れた所に弱い光を見つけました。二人で足音を消しながら近づいていきました。

 

 

異次元空間に入る?

 

弱い光の方へ見つからないように近づくと、弱い光はロウソクの炎でした。
そのロウソクは老婆が白装束で頭に二本のロウソクを立てたものでした。

一瞬まずい空間に入り込んだと感じました。

老婆を見つけた瞬間、オキツネと顔を見合わせ「やばい逃げよう」と踵を返した時、オキツネがジャリっと音を立ててしまいました。

大変だぞこれはという感じで老婆の方を見ると私達を見つけて「見たな」と睨んでいました。

人間怖いと「ヒャー」というような声になるみたいで、二人ともヒャーと言いながら、目の前の万年塀を乗り越えてバイクに乗り車道に出ようと考え、万年塀を乗り越えると目の前にまた万年塀がありました。

万年塀と万年塀に挟まれた狭い空間を左に行っても右に行っても行き止まりです。

もう一度目の前に新たに現れた万年塀を登って地面に降りた時、「ダメかな」と顔を見合わせました。

また、目の前に万年塀があったからです。

 

 

異次元から抜け出た時、悟ったこと

 

もう一度万年塀を登ることしか選択肢がないので、乗り越えることにしました。地面に降りた瞬間、映画の「カット」という言葉で撮影が終わるように、情景がパンと元に戻り、静かな通りとバイクがありました。

急いでエンジンをかけようとセルを回しますが、かからずキックもあせっているせいか上手くいかず、二人でバイクを押して車道へ離脱しました。

今回、「神仏に余計なことをしてはいけないこと」、「触らぬ神に祟りなし」を若い二人は悟りました。皆さん余計なことはしないようにして下さい。大変な目にあうことがあります。

 

後日談

 

白装束の老婆の話は、家族に何回も話している内容です。

今年、オキツネの家に家族皆が招待され、バルコニーで焼き肉パーティーをしている時、家内から「本当かどうか、高校時代のあの話してみたら」と言われました。

何度壁を登っても外に出れない話をオキツネにすると、「全く覚えていない。そんなことあったっけ」と言い切ります。

この男何を言っているんだ、この男のために閉塞空間に連れていかれたんじゃないかと思っていると、家族全員から、「壁の話は、おかしいとは思っていたが、今日はっきりしました。夢か幻を見ていた話しをずーと信じていた私達がバカだった」

人には話してはいけない不思議な話があるなと少し悟りました。

 
≪次のブログも参考にしてお楽しみ下さい≫
 
恐怖?幸運?官舎にいた座敷わらし
 
硫黄島の洞窟は今も日本軍の戦ったままの状態
 
皆、人には喋れない体験談を持っている
 
凶と出るか、吉と出るか-10中8、9痛い目にあうのか-
 

 

関連記事紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です