7月初旬発刊予定kindle本「二見龍レポート#1 ネイティブ・アメリカンの狩りの技術を伝える川口拓氏との対談」

7月初旬発刊予定kindle本「二見龍レポート#1 ネイティブ・アメリカンの狩りの技術を伝える川口拓氏との対談」

 

 

二見龍レポート#1 ネイティブ・アメリカンの狩りの技術を伝える川口拓氏との対談

 

念願のスカウト・インストラクターのメンバーである川口拓氏との対談が実現しました。川口拓氏のスカウトの技術は、アメリカに渡り、ネイティブ・アメリカンの狩りの技術を教えるトラッカースクールで長い年月をかけて習得したものです。日本において、ネイティブ・アメリカンの技術を習得している第一人者ともいえる人物です。

私は、自衛隊勤務間、ずーと川口拓氏のような人物を探していました。

映画や書籍で、よくネイティブ・アメリカンの兵士が、敵の存在や危険を感じ取る姿が描かれています。そして、そのネイティブ・アメリカンの兵士に強い信頼感とカッコ良さ、このような能力を持てたら凄いなと感じると思います。私も、その一人でした。

この技術を持ったネイティブアメリカンの兵士が、約30名で構成される小隊に一人いるだけで、作戦や戦闘は、とても優位な戦いが可能になります。

重要な敵に関する情報や戦闘時の安全の確保が間違いなくできるからです。

ネイティブアメリカンの兵士の能力を自衛隊員が保有できたら、凄いと思ってはいましたが、あくまでフィクションの世界の話しだと思っていました。

 

 

ネイティブ・アメリカンの狩りの技術を伝える男との出会い

 

しかし、驚いたことにネイティブアメリカンの狩りの技術をアメリカで学び習得した男が、現実に実在し、さらに、その男は自ら自分に近づいてきてくれたのです。

そして、訓練を開始して間もない頃、驚きの発言をしたのです。「トレーニングによってネイティブ・アメリカンの兵士の行動を可能にするプログラムがある」と言い切ったのです。

この時の驚きは、今でも忘れられません。

Kindle本「40連隊の見えない戦士たち」は、S氏と川口拓氏をはじめとするスカウト・インストラクターチームから訓練を受けた内容を紹介したものです。現在、ネイティブ・アメリカンの技術は、スカウト戦闘技術と呼ばれています。

ネイティブ・アメリカンの兵士の能力は、ネイティブ・アメリカンの狩りの技術が基本となっています。
この狩りの技術を習得してきた人物が、今回対談した川口拓氏です。川口拓氏がアメリカのトラッカースクールで学んだ内容や自然との付き合い方、気配を消す技術、そして、普段川口氏がほとんど語らない内容を今回の対談で話して頂きました。

川口氏のサバイバルを始めとする技術は、自然との触れ合い、ブッシュクラフト、防災活動として、一般の人たちにも支持を受け、活動範囲が拡大しています。

 

 

読みやすい対談形式

 

川口氏との対談をできるだけそのままに記述しているので、ネイティブ・アメリカンの狩りの技術やスカウトの内容を知らなくても、読みやすく、理解が容易であると思います。
 番外編として、スカウト・インストラクターチームのリーダーであるS氏を含めた後日談も収録しています。

これからも、二見龍レポートは、高い技術や知識を保有し、自衛隊を始め公官庁や民間に貢献した多くの人と対談した内容を収録し、Kindle本にする予定です。

 対談方式の二見龍レポートは、普段語られない内容を始め、頭の中や心の中にあるものを引き出し、その人たちの言葉で語ってもらおうというものです。

二見龍レポートの第1弾となります、『二見龍レポート#1 ネイティブ・アメリカンの狩りの技術を伝える川口拓氏との対談』をお楽しみ下さい。

 

 

 

【次のブログも参考にお楽しみ下さい】

 
kindle本発刊『40連隊の見えない戦士達-自然をまとう「スカウト」戦闘技術-』
 
親子で楽しむネイティブアメリカンのサバイバル技術
 
第40普通科連隊も学んだ隠れたサバイバル技術の第一人者、川口拓氏
 
気配を感じることはできるのか -水面にうつる月のごとく-
 
追尾斥候の原点「スカウト」-アニマルトラッキング-
 

 

 

 

【kindle本が出ました】
 

二見龍レポート#2 コンバットメディックの照井資規、弾道と弾丸を語る
二見龍レポート#2 コンバットメディックの照井資規、弾道と弾丸を語る

 

 

 

 

二見龍レポート#1 ネイティブ・アメリカンの狩りの技術を伝える川口拓氏との対談
二見龍レポート#1 ネイティブ・アメリカンの狩りの技術を伝える川口拓氏との対談

 

 

 

40連隊の見えない戦士達: 自然をまとう「スカウト」戦闘技術
40連隊の見えない戦士達: 自然をまとう「スカウト」戦闘技術

 

 

本書は、実戦で強烈な威力を発揮する「スカウト」の戦闘技術に触れた瞬間、根底から意識が変わってしまった隊員たちが、戦場から生き残って帰還するために、寸暇を惜しんで戦闘技術の向上へのめりこんでいく姿を記録したものです。

そして願わくば、ミリタリー関係者だけでなく、日々、現実社会という厳しい戦いの場に生きるビジネスパーソンやこれから社会へ出て行く若い人たちに、読んでいただきたいと思っています。スカウトという生き残り術を身につけることは、必ず日々の生活に役立つと私は信じています。

 

 

 

40連隊に戦闘技術の負けはない: どうすれば強くなれるのか!永田市郎と求めた世界標準
40連隊に戦闘技術の負けはない: どうすれば強くなれるのか!永田市郎と求めた世界標準

 

 

『40連隊に戦闘技術の負けはない―どうすれば強くなれるのか!永田市郎と求めた世界標準―』
に登場する隊員たちが訓練を通じ成長していく姿は、若い人達に限らず、人材育成全般にも多くのヒントがあると思います。
人生・仕事への姿勢について、ミリタリーの人に限らず、多くの人達に読んで頂ければと思います。
読み方は自由に、肩肘張らず、気楽に読んでいただき、志を持ったインストラクターと若い隊員たちの記録を堪能して頂ければ幸いです。

 

 

 

オオクワガタ採集記: 朽木割り採集・灯下採集・樹液採集の世界
オオクワガタ採集記: 朽木割り採集・灯下採集・樹液採集の世界

 

 

オオクワガタに出会い、採集やブリーディングを始めて、いつの間にか20数年が経ってしまいました。
日本各地のオオクワガタの有名ポイントで多くの仲間と出会い、採集をした楽しい思い出やズッコケ採集記は私の宝物です。
オオクワガタを通じ、色々な経験や学びがあり、人生が豊かになった感じがします。そんなオオクワガタ採集記をお楽しみ下さい。

 

 

 

オオクワガタ飼育記 ~マット飼育による美形・大型作出テクニック~
オオクワガタ飼育記 ~マット飼育による美形・大型作出テクニック~

 

 

マット飼育は、菌糸ビンのように簡単に大型を作出するのは難しい飼育法ですが、綺麗な個体を得ることができ、安価で多量にオオクワガタを飼育できることが魅力です。
本書により、マット飼育のコツを積み上げ、皆さんの目指すオオクワガタを作出して頂ければ幸いです。

 

関連記事紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です