マット飼育1年目で81ミリのオス・53ミリのメス作出、マット飼育の注意点

マット飼育1年目で81ミリのオス・53ミリのメス作出、マット飼育の注意点

 

 

オスの80ミリオーバー8頭出る

 

2017年に能勢YG血統をヤフオクで採集し、越冬後2018年ゴールデンウィークの始まりにペアリングを行いました。能勢YG血統切り換えのため、多数の幼虫を飼育し、現在90%成虫の取り出しが終了したところです。なんと! 80ミリオバー8頭が出たのです。

結果として、81.4ミリが最大で81ミリにのったのは1頭のみですが、79.5ミリクラスも10頭近く出て、菌糸ビンで飼育されたオオクワガタをマット飼育へ切り換えても、1年で80ミリはこすことができるのがわかりました。

メスも53ミリ2頭、52ミリ16頭を作出することができました。今迄、「阿古谷産」を10年近く飼育して出たオオクワガタの大きさを簡単に超えてしまったのは驚きです。

飼育方法は、通常のマット飼育と全く変えていません。クヌギ・コナラの朽ち木マットの一番安価ものをフスマで発酵させたものを使用しました。

飼育容器は、マヨビン850ml、ネスカフェのビン(凹みのない現在は使われていないビン)と割り出し幼虫が多く容器の不足が予想できたので、1100mlの硬質プラスチック製の容器50個を追加して使用しました。たまたま1400mlのガラスビン3個があったので、幼虫の最終体重が30グラムを超えた期待の大型幼虫に使用しました。

 

 

マット飼育との違い

 

メスは、53ミリラスでも、マヨビン850mlのビン3回のエサ換え(8月、10月、12月)で十分発育に必要なエサは足りました。一方で、オスは、8月の段階でコーヒービンか1100mlの容器で飼育をして問題はなかったのですが、10月の段階で30グラムを超えた幼虫は大きな期待を込めて1400mlの容器に3頭入れました。

12月も1400mlの容器で飼育している幼虫は順調に体重を増やしていきました。もしかしたら、マット飼育への切り換え1年目で83ミリを超えるオスを作出できるかもしれないと感じていました。

結果として、蛹にならず幼虫のまま縮んでいく状態、78ミリのB級状態、羽化不全という結果になってしまったのです。

1400mlの容器のマットは、6月頃になると幼虫がエサを食べてしまったのか、全体に2~3センチマットの量が減り沈下してしまいました。マットは、どれもやや乾燥状態で加水分解によるマットの劣化による沈下ではありません。

4月頃からマットの沈下が始まり、幼虫も少し縮んできたような状態になりました。

まだ、十分原因を把握できているとはいえませんが、大型幼虫は、あと1回エサ換えをして十分エサを食べさせる状態にしていなかったこと、ビンの口の径が大きいので乾燥が進みやすいのでキッチンペーパーを多めに使用する必要があることが考えられます。

来年の飼育では、この部分の改善を図るための実験をしようと考えています。

 

 

26グラムの幼虫で80ミリ

 

能勢YG血統は、4系統飼育していますが、1系統だけ、12月の幼虫の体重が26グラム、27グラムで80ミリを超えるオスを作出できたのが驚きでした。

この系統については、来年、色々試しながら更なる大きさを出す方法を掴もうと考えています。

能勢YG血統は、分厚く巨大になるので、普通のオオクワガタとは別のタイプではないかと感じてしまうほど、凄い血統であることを実感しています。

 

 

 

【次のブログも参考にお楽しみ下さい】
 
オオクワガタ能勢YG大型血統の成虫・幼虫のマット飼育
 
オオクワガタ能勢YG血統マット飼育で確認したオスの幼虫
 
オオクワガタ採集 -檜枝岐・伊南川編、豊かな自然の微笑み-
 
オオクワガタから学ぶ夫婦観
 
能勢YG血統オオクワガタのマット飼育-3令幼虫の最終のエサ換え-
 

 

 

【オオクワガタkindle本の紹介】

 

 

天然オオクワガタを求めて-山梨県韮崎一帯オオクワガタ採集記-
天然オオクワガタを求めて-山梨県韮崎一帯オオクワガタ採集記-

 

 

 

 

オオクワガタ採集記: 朽木割り採集・灯下採集・樹液採集の世界
オオクワガタ採集記: 朽木割り採集・灯下採集・樹液採集の世界

 

 

オオクワガタに出会い、採集やブリーディングを始めて、いつの間にか20数年が経ってしまいました。
日本各地のオオクワガタの有名ポイントで多くの仲間と出会い、採集をした楽しい思い出やズッコケ採集記は私の宝物です。
オオクワガタを通じ、色々な経験や学びがあり、人生が豊かになった感じがします。そんなオオクワガタ採集記をお楽しみ下さい。

 

 

 

オオクワガタ飼育記 ~マット飼育による美形・大型作出テクニック~
オオクワガタ飼育記 ~マット飼育による美形・大型作出テクニック~

 

 

マット飼育は、菌糸ビンのように簡単に大型を作出するのは難しい飼育法ですが、綺麗な個体を得ることができ、安価で多量にオオクワガタを飼育できることが魅力です。
本書により、マット飼育のコツを積み上げ、皆さんの目指すオオクワガタを作出して頂ければ幸いです。

 

 

関連記事紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です