運の動きは風の変化と身体の状態でわかる

運の動きは風の変化と身体の状態でわかる

 

 

運気の変化を風の吹き方で知る

 

運気が変わると活動範囲や人との出会いがダイナミックに変化します。やっていることに変化がなかったり、止まっていたものが、生命を吹き込まれたように動き出します。運気の変化は人の動きで生じる風の吹き方で知ることができます。
風の変化とは、普段の生活や勤務で関係している人とは別の所、別の世界から連絡が入ってきて、新しい出会いが始まり、そこから多くの人との関係に発展することです。そして、自分の回りに人が自然に集まってくる状態です。

この人との出会いが、いくつも発生するほど風が強く、風が強ければ強い程、運気の開放が大きく、人生にときめきや楽しさと不思議さを感じさせてくれます。

42歳から付け始めた日記をみると、最初は小さな風を感じていて、1カ月ごとに何回か風を感じているうちに、運気が上昇していき、多くの人との出会い、理解と協力を得て色々なことが始まったり、多くの事を成し遂げています。

 

 

砂時計に砂が満杯になった時、動きがある

 

やりたいことを実現するため、草の根の活動のように地道に積み上げ、必要な知識を吸収をし続けていると、最初は過去の事例や人が行ってきたものをなぞっていますが、少しづつ他の人の考え・引用や物まねではなく、自分のものになった独自の行動ができるようになります。

草の根の活動や知識を吸収するための行動は、知らず知らずに多くの人と接しています。接していた人達の口コミが波紋のように広がっていくのと独自の行動ができるように力が付いてくると、化学変化が起きるように風が変わります。まるで砂時計の砂がひっくり返すのに必要な状態になってくるっとまわる時と同じような感じで、運気の変化があります。

活動を継続するためには、モチベーションの維持がとても重要となります。あるレベルになるとモチベーションの維持は、多くの人と接したり学ぶよりも、重要な要素となり、先人に教えを請うたり本から学ぼうとします。この時、また新しい風が吹いて運気が動きます。

 

 

体調の変化から運気の動きを知る

 

日記からわかった私の風が変わるのは、体調の変化によってもわかります。風が変化するパターンは、こんな感じです。

運動をしたい、運動をしようとする意欲が強くなり運動へのモチベーションが維持できる状態になり、毎日ランニングをしたり、体幹トレーニングをいつもよりも濃密にやるようになる時期が数カ月続きます。

だんだんオーバーワークになってきて、身体が疲労してきたり、調子が悪くなり、運動量を落として体調を整えるようになります。

その後、体調が戻る頃に風が変わります。

まるで、これからのアクティブな行動に必要な身体ができるのを待っていたようなタイミングです。

風の変化を知り、運気の変化を味わってみるのも人生の楽しみだと思います。

 

 

【kindle本が出ました】

 

本書は、実戦で強烈な威力を発揮する「スカウト」の戦闘技術に触れた瞬間、根底から意識が変わってしまった隊員たちが、戦場から生き残って帰還するために、寸暇を惜しんで戦闘技術の向上へのめり込む姿を記録したものです。

そして願わくば、ミリタリー関係者だけでなく、日々、現実社会という厳しい戦いの場に生きるビジネスパーソンやこれから社会へ出て行く若い人たちに、読んでいただきたいと思っています。スカウトという生き残り術を身につけることは、必ず日々の生活に役立つと私は信じています。

 

40連隊の見えない戦士達: 自然をまとう「スカウト」戦闘技術
40連隊の見えない戦士達: 自然をまとう「スカウト」戦闘技術

 

『40連隊に戦闘技術の負けはない―どうすれば強くなれるのか!永田市郎と求めた世界標準―』
です。

40連隊に戦闘技術の負けはない: どうすれば強くなれるのか!永田市郎と求めた世界標準
40連隊に戦闘技術の負けはない: どうすれば強くなれるのか!永田市郎と求めた世界標準

 

『40連隊に戦闘技術の負けはない―どうすれば強くなれるのか!永田市郎と求めた世界標準―』
に登場する隊員たちが訓練を通じ若い隊員が成長していく姿には、若い人達や人材育成に関する多くのヒントがあると思います。

人生・仕事への姿勢について、ミリタリーの人に限らず、多くの人達に読んで頂ければと思います。

読み方は自由に、肩肘張らず、気楽に読んでいただき、志を持ったインストラクターと若い隊員たちの記録を堪能して頂ければ幸いです。

 

 

関連記事紹介

1 Comments

  1. Pingback: 毎年親友と行く、いい年になる実感を得る「高尾山」の初詣 | 戦闘組織に学ぶ人材育成

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です