最近気に入っている初詣の地、高尾山、成田山

最近気に入っている初詣の地、高尾山、成田山

成田山の初詣のアイキャッチ映像です。

 

 

日本全国での初詣

 

これから暫くの間、三が日を高尾山で、次の週を成田山で初詣を行おうと考えています。この二段構えが2015年の発展と充実をもたらし、休み明けに「千と千尋」のイメージを感じる成田山の参道の賑わいに身を置くと、なんだかもう一度正月の初詣気分を味わえるからです。
陸上自衛隊では新しい年を迎えると、ランニングをしたり、10キロ程度の徒歩訓練や熊本での3333段の階段を上るような訓練始めを隊員全員で行います。この時、神社で神主にお祓いをしてもらい1年間の安全祈願を行います。部隊勤務では、日本各地の名所といわれる神社で初詣をしますが、年末年始休暇の時に家族で行く初詣は、なんとなく近くに行って済ましている状態でした。

東部方面隊第1混成団時代は、横須賀市の西地区の武山に住んでいたので、近くの逗子から鎌倉の鶴岡八幡宮へ行き、息子達が就職活動の時期に当たっていたので、「強運掴み矢」をお参りの後購入し、鎌倉の街を楽しむ初詣をしました。

しかし、なんとなく自分に合った、イメージする初詣ではないなと感じながら、歩いている自分がいました。

 

 

大山倍達の修業した三峰にある三峰神社

 

三峰神社

三峰神社は、埼玉県の奥深い通り抜けのできない山奥にあります。到着するとすぐにここはパワースポットであることを感じるようなところです。極真会館の創設者大山倍達が若かりし頃超人追及のため修業したところでもあります。
普通の日に行くのには素晴らしいところです。初詣にはやや遠いところです。
一回は、初詣をしたいところです。

 

 

加藤清正の井戸のある明治神宮

 

明治神宮は、格式が高く重厚なイメージと深い樹々の中にたたずみ、多くの人が集まります。加藤清正の井戸は、水面に映る空が神秘的です。
明治神宮

 

相打ち

 

 

高尾山

 

西東京にある高尾山は、修業の地です。木の御札を申し込むと社の中に入り護摩焚きに参加できます。6名から10名の僧がほら貝を吹きながら登場し、その後に格上の僧侶が続きます。10名を超える僧侶が30分間護摩を焚きながら御札を祈願します。御札を直接火にかざしているのを目の前で見ることができ、太鼓の音が鳴り響きます。護摩焚き後、社を一周しながら、お参りし紙の御札を頂きます。

その後、御札を受領し、山頂で高尾山という酒を一合、猿の干支の入った木の升ごと買いお神酒として多摩の平地を見下ろしながら飲むのは格別です。快晴の中、遠くにスカイツリーが見え、新宿の副都心や横浜を見ながら、「晴れ渡り清々しく素晴らしい景色だね」と親友と語ります。調子が出てきて2合ほど楽しみ、ほろ酔いの状態でリフトに乗り、高尾山口へ向かいます。

駅周辺で蕎麦を食べながら酒を酌み交わし、友と語ると「今年は一年いい年になる」と感じます。今このパターンがとても気に入っています。

 
 
 

成田山

 

高尾山で初詣をした次の週は、成田山へ初詣に行きます。成田山は古くから賑わう参道があり、鰻を焼く店が多く、その店は千と千尋の世界に出てくるたたずまいであり、参道を歩くだけでも正月明け仕事モードに入りつつある心をもう一度お正月の世界に連れて行ってくれます。
初詣の後、参道で地元の酒をお神酒としていただくのもまた格別です。
鰻屋さんの前で干し柿と干しシイタケを売っている茨城から来ているお店と出店は、お薦めです。

最後に、初詣の基本は、家に近い神社に行くことだと思います。まずはここから始めます。

 

 

 

 

 

自衛隊最強の部隊へ-偵察・潜入・サバイバル編: 敵に察知されない、実戦に限りなく特化した見えない戦士の育成
自衛隊最強の部隊へ-偵察・潜入・サバイバル編: 敵に察知されない、実戦に限りなく特化した見えない戦士の育成

 

 

 

 

 

【kindle本が出ました】

 

二見龍レポート#2 コンバットメディックの照井資規、弾道と弾丸を語る
二見龍レポート#2 コンバットメディックの照井資規、弾道と弾丸を語る

 

 

 

 

 

二見龍レポート#1 ネイティブ・アメリカンの狩りの技術を伝える川口拓氏との対談
二見龍レポート#1 ネイティブ・アメリカンの狩りの技術を伝える川口拓氏との対談

 

 

 

40連隊の見えない戦士達: 自然をまとう「スカウト」戦闘技術
40連隊の見えない戦士達: 自然をまとう「スカウト」戦闘技術

 

 

本書は、実戦で強烈な威力を発揮する「スカウト」の戦闘技術に触れた瞬間、根底から意識が変わってしまった隊員たちが、戦場から生き残って帰還するために、寸暇を惜しんで戦闘技術の向上へのめりこんでいく姿を記録したものです。

そして願わくば、ミリタリー関係者だけでなく、日々、現実社会という厳しい戦いの場に生きるビジネスパーソンやこれから社会へ出て行く若い人たちに、読んでいただきたいと思っています。スカウトという生き残り術を身につけることは、必ず日々の生活に役立つと私は信じています。

 

 

 

40連隊に戦闘技術の負けはない: どうすれば強くなれるのか!永田市郎と求めた世界標準
40連隊に戦闘技術の負けはない: どうすれば強くなれるのか!永田市郎と求めた世界標準

 

 

『40連隊に戦闘技術の負けはない―どうすれば強くなれるのか!永田市郎と求めた世界標準―』
に登場する隊員たちが訓練を通じ成長していく姿は、若い人達に限らず、人材育成全般にも多くのヒントがあると思います。
人生・仕事への姿勢について、ミリタリーの人に限らず、多くの人達に読んで頂ければと思います。
読み方は自由に、肩肘張らず、気楽に読んでいただき、志を持ったインストラクターと若い隊員たちの記録を堪能して頂ければ幸いです。

 

 

 

オオクワガタ採集記: 朽木割り採集・灯下採集・樹液採集の世界
オオクワガタ採集記: 朽木割り採集・灯下採集・樹液採集の世界

 

 

オオクワガタに出会い、採集やブリーディングを始めて、いつの間にか20数年が経ってしまいました。
日本各地のオオクワガタの有名ポイントで多くの仲間と出会い、採集をした楽しい思い出やズッコケ採集記は私の宝物です。
オオクワガタを通じ、色々な経験や学びがあり、人生が豊かになった感じがします。そんなオオクワガタ採集記をお楽しみ下さい。

 

 

 

オオクワガタ飼育記 ~マット飼育による美形・大型作出テクニック~
オオクワガタ飼育記 ~マット飼育による美形・大型作出テクニック~

 

 

マット飼育は、菌糸ビンのように簡単に大型を作出するのは難しい飼育法ですが、綺麗な個体を得ることができ、安価で多量にオオクワガタを飼育できることが魅力です。
本書により、マット飼育のコツを積み上げ、皆さんの目指すオオクワガタを作出して頂ければ幸いです。

 

関連記事紹介