有能ではない上司が部下を上手く使い成果を上げる方法

有能ではない上司が部下を上手く使い成果を上げる方法

 

 

部下が躍動している職場

 

職場のメンバーが生き生きと動き回り、判断や調整が素早く業務が進んでいく職場は、誰もが目指す職場環境です。その職場には、リーダーシップを発揮する上司を中心に仲間がチームワークを発揮している状態です。しかし、リーダーシップを感じず、冴えない上司の下でも良い環境ができている職場があります。

リーダーシップを感じず冴えない上司の下で、部下達は伸び伸びと積極的に仕事をしています。部下の顔には安心感と信頼感があります。

何故このような状態が作り上げられたのか、不思議に感じます。

部下を使いこなすもう一つの方法があることに気が付きます。

 

 

ダメと言わない上司

 

人前で話すことが上手でもなく、部下の心に注ぎ込むような言葉も発することなく、他との調整も冴えのない上司(「この上司」と呼びます)を見ていると一つの特徴があることに気付きます。

この上司は、部下の報告や指導受けの時、「ダメ」という言葉を使いません。
返ってくる言葉は、「これで行きましょう」です。

この上司は、否定的な言葉を使わず、肯定する言葉を積み重ねながら、部下の報告や進め方を上手くいかしているように感じさせつつ、正しい方向に導いています。

肯定的な言葉を重ねながら、この上司の頭の中の「最終的なイメージ」「完成イメージ」を部下に伝えています。

 

 

頼りないこの上司を助けたい

 

この上司は、頼りない感じで冴えないのですが、部下がなんとなくこの上司を支えています。

自分やろうとすることを理解(肯定する)し、主体的に仕事をさせてくれていると感じるからです。部下は、上司の理解を得て伸び伸びと動ける環境を大切にしたいと思うからです。

重要なもう一つの視点は、「頼りなく弱点のあるこの上司を助けたい」と部下に感じさせているところです。部下は、こんな上司でもこんな弱い所があると感じると人を助けたくなります。

そして、人間は、人に何かをすると、その人がだんだん好きになっていく傾向があります。

 

 

何かをしたくなる言葉

 

上司から「この仕事をやって下さい」と言われても、この上司を助けたい、何かをしてあげたいという感情は部下の心に生じません。

「この仕事を仕上げたら、素晴らしい街が出来上がるね。君達と見てみたい」という言葉を上司から聞いた部下は、「素晴らしい街を作り上げ上司と一緒に見たい」という感情が生まれます。

この上司の言葉は、部下に何かをしてあげたくなる感情を生じさせ、次第に何かをする行動へ変化します。

 

 

こんなことをさせてはいけない

 

この上司は、部下が失敗をした時、不器用にしどろもどろになりながらも最前線に立って謝ります。
傍から見ていると、とても格好が悪く、切れも冴えもない状態です。

しかし、部下達は、今後この上司にこのようなことをさせてはならないと痛感し、この上司を部下達が守る行動をとるようになります。

この上司のタイプを機会を見つけて紹介していきたいと思います。

 

 
≪次のブログも参考にお楽しみ下さい≫
 
いい仕事ができたと感じる条件
 
「やってみて、言って聞かせて‥」に続く山本五十六連合艦隊司令長官の人を育てる名言
 
上司が喜んで饒舌になってしまうような部下
 
成長する部下や若手の共通点-仕事術ではなく正しい座標軸の必要性-
 

 

 

【kindle本が出ました】

 

『40連隊に戦闘技術の負けはない―どうすれば強くなれるのか!永田市郎と求めた世界標準―』
に登場する隊員たちが訓練を通じ成長していく姿は、若い人達に限らず、人材育成全般にも多くのヒントがあると思います。

人生・仕事への姿勢について、ミリタリーの人に限らず、多くの人達に読んで頂ければと思います。

読み方は自由に、肩肘張らず、気楽に読んでいただき、志を持ったインストラクターと若い隊員たちの記録を堪能して頂ければ幸いです。

 

40連隊に戦闘技術の負けはない: どうすれば強くなれるのか!永田市郎と求めた世界標準
40連隊に戦闘技術の負けはない: どうすれば強くなれるのか!永田市郎と求めた世界標準

 

関連記事紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です