『生粋の戦車乗り(タンキスト)が切り開いた未来16MCV 』戦闘組織に学ぶ#3 発刊

『生粋の戦車乗り(タンキスト)が切り開いた未来16MCV 』戦闘組織に学ぶ#3 発刊

 

16MCVの導入

 

 最近、高速道路を走行している時やサービスエリアで、異様な空間を作り出している16MCV(16式機動戦闘車:ヒトロクMCV)に遭遇して驚かれる人が増えてきました。

 16MCVは、戦車の形をしているのに足回りは、キャタピラではなく装輪のタイヤで走行する車両です。高速走行が可能なため、「高速道路に戦車が走っている」、「サービスエリアで横一直線にきちんと戦車が駐車している」と一般の人達がSNSに思わず上げてしまうほど、絵になる戦闘車両です。

 この16MCVを導入するために、予算確保などに尽力した人物が田浦正人氏です。

 田浦氏は、2代目のイラク復興業務支援隊長、福島原発対処時の現地調整所長、戦車連隊長から戦車師団長(第7師団長)、そして、戦車師団を有する北部方面総監を歴任した生粋の戦車乗り(タンキスト)です。

 

ロシア軍戦車兵のレベルなどのコラム

 

 本書では、戦車の威力を最も発揮できる機動打撃力、戦車部隊で記憶に残る隊員、迅速・的確な機甲科職種の無線機の運用、日米共同訓練での実戦経験者のシミュレーション訓練に対する捉え方の違いなどを対談で語って頂きました。

 機甲科出身で各級指揮官をこなしていなければわからない、ロシア軍戦車兵のレベル(練度)や戦車は何人乗りが最強かというコラムなど、田浦氏のコラムは、彼だからこそ経験でき、語ることができるコラムの内容になっています。


生粋の戦車乗り(タンキスト)が切り開いた未来16MCV 戦闘組織に学ぶ


生粋の戦車乗り(タンキスト)が切り開いた未来16MCV 戦闘組織に学ぶ

 

イラク派遣隊長が語るロケット弾が降り注ぐ復興支援 戦闘組織に学ぶ


イラク派遣隊長が語るロケット弾が降り注ぐ復興支援 戦闘組織に学ぶ

 

よく考えて、前へ! : 方面隊運用と福島原発対処 戦闘組織に学ぶ


よく考えて、前へ! : 方面隊運用と福島原発対処 戦闘組織に学ぶ

 

現代戦におけるスナイパーの運用と展望


現代戦におけるスナイパーの運用と展望

 

二見龍レポート#13 自衛隊の元狙撃教官が語るスナイパーの育成方法

二見龍レポート#14 照井資規が語るコンバット・メディックの最前線


二見龍レポート#14 照井資規が語るコンバット・メディックの最前線

 

自衛隊式セルフコントロール


自衛隊式セルフコントロール

特殊部隊vs精鋭部隊 最強を目指せ


特殊部隊vs精鋭部隊 最強を目指せ



関連記事紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。