二見龍レポート#15『実戦的訓練を追求する田村装備開発』(12月23日発刊)

二見龍レポート#15『実戦的訓練を追求する田村装備開発』(12月23日発刊)

 

安全管理となんでもありの世界「現場」

 

「田村装備開発」の田村氏は警察官時代、現場の活動はあるパターンにはまった訓練だけでは対応が難しく不十分であり、現実は何でもありの世界のため実戦的な訓練を追求しなければならないという問題認識を持っていました。

 それは、組織が大きくなればなるほど、如何に多数の人間を管理するかという視点が強くなり、訓練時の安全は、安全管理規則によって統制されます。

 例えば、事故を防止し、負傷者を出すことなく安全に訓練を実施するため、安全管理基準が設定されます。

 当然、部隊・隊員は、安全管理基準に基づいて訓練を行うのが通常であり、順守しなければなりません。

 そのため、非常に厳しい状況において任務完遂を求められる特殊部隊の訓練内容は、安全管理とのバランスをとることが非常に難しい状態になります。

 

訓練への強い問題認識

 

 現場で発生する場面に対応する実力をつけることを重視すべきであると考える田村氏は、危険な行動は安全管理を優先し、説明や約束動作(格好)のみにとどめてしまう訓練、事故防止を最優先してさらにオーバースペックの安全環境下での訓練を命じる上司の存在、実際に人や障害物はないが仮想の状況を設定して行う訓練に対して、強い問題認識を持っていました。

 彼の問題認識は入隊当初からあり、訓練を積み重ねれば積み重ねるほど、その思いは強くなっていきました。

 

「田村装備開発」設立

 

 そして、遂に、田村氏は警察を退職することを決心し、田村氏の問題認識を具体化し実現する「田村装備開発」を設立したのです。

 田村氏の考えを支持する高い戦闘技術と豊富な経験を有するメンバーが、田村装備開発に集い、同じ道を追求し実現する態勢ができ上がっていきました。

 さらに、多くの人たちが、田村装備開発の門を叩き、「実戦に強いこと」「本物の強さ」を追求するようになったのです。

 本書は、「実場面で通用するか、しないか」、「最適解で動くための 『 想定訓練』」「実戦的な訓練内容の追求」「現場で迅速に判断し動ける人材の育成」、「ライン(射線)を捉えるための人間」「『謙虚な心 』 がしなやかな強さを作る」で構成されています。


二見龍レポート#15 実戦的訓練を追求する田村装備開発


二見龍レポート#15 実戦的訓練を追求する田村装備開発

 

生粋の戦車乗り(タンキスト)が切り開いた未来16MCV 戦闘組織に学ぶ


生粋の戦車乗り(タンキスト)が切り開いた未来16MCV 戦闘組織に学ぶ

 

現代戦におけるスナイパーの運用と展望


現代戦におけるスナイパーの運用と展望

 

二見龍レポート#14 照井資規が語るコンバット・メディックの最前線


二見龍レポート#14 照井資規が語るコンバット・メディックの最前線

 

自衛隊式セルフコントロール


自衛隊式セルフコントロール

特殊部隊vs精鋭部隊 最強を目指せ


特殊部隊vs精鋭部隊 最強を目指せ

関連記事紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。