戦いの中でやられないで生き残る人の行動から学ぶ

戦いの中でやられないで生き残る人の行動から学ぶ

※本記事のアイキャッチ画像は、永田市郎様から頂いた画像を使用致しました。

 

生き残る人間と死ぬ人間

 

戦闘のプロフェッショナルと言われる特殊部隊の隊員は、何故敵にやられないで、数々の戦闘を経験しながら、任務を達成して帰ってこれるのでしようか。彼らは、スバ抜けた体力と射撃能力と厳しい訓練を積んで強い精神を持っているからでしょうか。

他にもっと重要なことがあります。

どうしてもランボーやターミネーターの激しいアクションをイメージしてしまいますが、実は見つからないように、動きをできるだけ小さくし、動くと遠くからでも見つけられるので、ゆっくりした動きを我慢強く行うという地味な事をしっかり・確実にできる人間のみが生き残ります。この技術が非常に重要です。

それは、どんなに強くても見つかってしまえば、窮地に陥り、やられてしまう確率が高くなります。反対に、見つからなければ、敵からやられることがないため、生き残り必ず生還することができます。見つからないために、動きはゆっくり、敵がいるかどうかを常に確かめながら行動します。

大切なことは、どんなに急いでいたり、危なくなりそうになっても、眠くて疲れていても、お腹が空いていても、「周辺の確認と自分がどのように見えているかを考えて、見つかりにくい道や茂みを音をたてないように歩くことを必ず確実に行う」ということです。

周囲の確認や見つかりにくい行動は基礎的な事項であり、何故重要なのかという疑問があると思います。簡単である基礎的な動作をどんな状態でも一回も力を抜かずに実施する粘り強い冷静な心が重要であるということです。

少し慣れると、基礎的な動作をバカにしてサボったり、手を抜いてしまう人は生き残れません。

どんな状態でも、やらなければならないことを確実にするという行動を身につけることにより、たとえランボーでなくとも、生き残り任務を達成できる強い人間になることができます。そんな人間は信頼され、企業が欲しい人物でもあると思います。

 

≪次のブログも参考にしてお楽しみください≫
 

任務を達成して生き残れる人の考え方と準備の仕方

気配を感じることはできるのか -水面にうつる月のごとく-

戦闘の参考になる映画「ハンテッド」

敵に見えない動きを追求する

カモフラージュ(スカウトのスト―キング)

森の中での歩き方

森の中での動き方

カウンタースナイパー(インディアンの性能を持った隊員の育成)

 

 

【kindle本が出ました】

『40連隊に戦闘技術の負けはない―どうすれば強くなれるのか!永田市郎と求めた世界標準―』
です。

40連隊に戦闘技術の負けはない: どうすれば強くなれるのか!永田市郎と求めた世界標準
40連隊に戦闘技術の負けはない: どうすれば強くなれるのか!永田市郎と求めた世界標準

 

『40連隊に戦闘技術の負けはない―どうすれば強くなれるのか!永田市郎と求めた世界標準―』
に登場する隊員たちが訓練を通じ若い隊員が成長していく姿には、若い人達や人材育成に関する多くのヒントがあると思います。

人生・仕事への姿勢について、ミリタリーの人に限らず、多くの人達に読んで頂ければと思います。

読み方は自由に、肩肘張らず、気楽に読んでいただき、志を持ったインストラクターと若い隊員たちの記録を堪能して頂ければ幸いです。

 

 

関連記事紹介

4 Comments

  1. まう@東大阪

    サバイバルゲームをイチローさんが紹介されたころ、私もやっておりました。
    当時はモデルガンが主流ですから、弾はでません。川原や山林がバトルフィールドです。
    やられた!と思わせるまで近づいて、驚かせて勝ちとなります。
    1日1ゲームが基本のアンブッシュ戦になります。

    風が吹いて草木が揺れたら、少し匍匐。
    2mまで近づきゴムナイフで勝った時は、快感でした。

    若い武士の皆さんには、職務で身に付ける技術と、趣味で身に付ける特技を
    双方で生かしてスキルアップして頂ければ、
    どちらも充実するのでは?と考えております。

    1. futamiryu

      まう@東大阪 様

      自然に溶け込むには我慢強さとそれなりの体力が必要ですが、自然に溶け込む状態になると心地良さを感じるようになります。
      心地良さを感じている時は、見えない状態になっています。

      「若い武士の皆さんには、職務で身に付ける技術と、趣味で身に付ける特技を 双方で生かしてスキルアップして頂ければ、
      どちらも充実する」

      このような隊員は部隊の宝となります。

                          futamiryu

  2. Pingback: CQBの性能の高い隊員や可能性を感じる隊員を伸ばす方法 -波紋を作り拡大して組織を動かす- | 戦闘組織に学ぶ人材育成

  3. Pingback: 追尾斥候の原点「スカウト」-アニマルトラッキング- | 戦闘組織に学ぶ人材育成

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です