心配な心を煽る情報へ如何に対処すればいいか

心配な心を煽る情報へ如何に対処すればいいか

 

 

情報源が信頼できるか

 

 情報源のしっかりした情報により、判断し行動することが基本となります。

 事件、事故、特に大規模災害では、必ずデマや噂が広がります。SNSがない時代は口コミであったため、拡散する地域も限定されていましたが、現在は、日本全国に急速に広がっていく状態です。

 噂を広めようとする人だけではなく、「これは重要だから、知人へ伝えておこう」という人もいて、善意で拡散に協力してしまうことがあります。

 「県や市町村の公式発表であるのか」、「内閣府の発表なのか」、「誰が言っているかわからないものなのか」、情報源の確認が必要です。 

 

 

苦しくなった時の情報の捉え方が指揮官の実力

 

 自衛隊の訓練では、戦闘の進展が有利に進んでいる時は、報告されてくる情報に対して、自信に満ちた状態で対応することができます。この時、悲観的な情報が報告されても、対応策を取り積極的に行動することができます。

 しかし、戦闘の状況が芳しくなくなり、このままでは厳しい状況に陥ってくると、今までの余裕はどこかへ姿を消してしまい、自分たちに都合のいい情報だけを歓迎し、マイナスの情報が報告されても、「何かの間違いだろう」と見ないようになっていきます。

 都合のいい情報を報告する部下には、「ありがとうよく報告してくれた」とほほ笑みます。

 一方、都合の悪い情報が報告された上司は、報告してきた部下に「みんなで戦っているのに不利な状況を入れるとは、どういうことなんだ」と怒り出す人もいます。

 状況を改善しなければならない重要な時期に、自分たちに都合の悪い情報が報告されなくなると、何もしないまま、さらに厳しい状況へ陥ります。

 その先は、取り返しのつかない状況に陥り、今度は逆に、全員でびくびくするようになり、ちょっとした情報にも敏感になり、過剰に対応してしまいさらに深い傷を負っていきます。

 この状態になると、情報に翻弄され始めます。

 常に正確な情報を入手できるようにすること、客観的に判断する心を忘れないようにすることが大切です。
 例えば、カスタマーレビューの☆5つばかりを見て判断するのではなく、☆1つの内容も何かヒントがないか見ることによって、偏らないようにすることがポイントとなります。

 

 

 

【次のブログも参考にお楽しみ下さい】

 
兆候を確実につかみ取ることができる情報活動 -情報処理-
 
硫黄島の日本の守備隊へ手を振り菓子を投下する奇妙な米軍機の行動と情報戦
 
獲得した情報から将来を読み取る「情報処理」 – 混乱せず確実な対応を可能にする方法 - 
 

 

 

 

二見龍レポート#12 ガンインストラクター トモ長谷川 銃と射撃を語る Part.1
二見龍レポート#12 ガンインストラクター トモ長谷川 銃と射撃を語る Part.1

 

 

 

二見龍レポート#12 ガンインストラクター トモ長谷川 銃と射撃を語る Part.2
二見龍レポート#12 ガンインストラクター トモ長谷川 銃と射撃を語る Part.2

 

 

 

二見龍レポート#11 世界標準の訓練をささえるOTS
二見龍レポート#11 世界標準の訓練をささえるOTS

 

 

 

自衛隊は市街戦を戦えるか (新潮新書)
自衛隊は市街戦を戦えるか (新潮新書)

 

 

 

 

 
 

 

関連記事紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です