二見龍×元狙撃教官:松岡勝樹『狙撃トークショウ』

二見龍×元狙撃教官:松岡勝樹『狙撃トークショウ』

 浜松町都立経済貿易センターで開催された「ブラックホール」で松岡氏と狙撃に関するトークショーを行いました。

 初回のYouTubeでは、松岡氏は、遠慮気味に話をしていましたが、今回は、その力の一部を開放し、迫力のある話になりました。

 私は、松岡氏があと陸上自衛隊に10年いることができれば、手強く本物の狙撃手を数多く育成できたはずです。更に、彼自身がスナイパーチームを率いて戦闘に参加できるレベルを維持しています。これを考えると残念でたまりません。

 陸上自衛隊の狙撃銃M24A1タイプとセミオートのM24A2の違い、サプレッサーを導入することによって、射撃時の反動も驚くほど小さくなること、スコープの選び方、1200メートルの目標の見え方と射撃の実態、なぜ高い装備品を選ぶ必要があるかなど、45分間たっぷりトークを行いました。

 どうぞYouTubeお楽しみ下さい。

 

関連記事紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。