オオクワガタトラッキング採集編1 -山梨県甲府地域(その1)-

オオクワガタトラッキング採集編1 -山梨県甲府地域(その1)-

 

 

地図により狙いを付ける

 

オオクワガタは、南斜面のカワラ茸というキノコにより白枯れした朽木にメスは卵を産みます。オオクワガタの採集は、夏の樹液に集まるオオクワガタの採集と、冬から早春にかけて楽しめる幼虫や蛹室にいる成虫を採集する朽木採集に区分出来ます。

樹液採集は、成虫の活動地域を知ることができ、朽木採集は、繁殖地域を知ることができます。樹液採集と朽木採集の位置を繋げることにより、生息するオオクワガタの生態を掴むことができます。生態を掴むことができれば、発生源を完全に破壊してしまったり、乱獲をしない限り、毎年採集が楽しめるポイントとなります。

地図によりオオクワガタの生息区域を分析しながら、朽木採集で攻める場所を決めます。南側の広葉樹の斜面がオオクワガタのいるクヌギの林の可能性があるので、河川の近くで密生林ではなく人の手が入っている里山を採集ポイントとして攻めます。

 

 

採集者のレベルに驚く

 

地図を見るのは普通科連隊の隊員として若い時から仕事で鍛えているので、等高線の表示のある地図ならば、地図を見るだけで川がどんな感じで流れていて傾斜の状態や谷の状態、植生などが3D画像のように頭の中でイメージできます。

斜面と谷の入り方から、車の停車位置と採集ポイント、採集経路を選定します。1ポイント2時間弱の採集時間を設定するので、多くて1日5ポイントが限界となります。40キロ四方の地図から、オオクワガタのいそうな場所をプロットして一つ一つ現地を歩きながら、オオクワガタのいる場所を特定していきます。

現地の地形を地図上から読み取り、急斜面を登る位置、道の無い地形に徒歩経路を書き込んだり、谷を越える位置、オオクワガタを探すエリアを表示しながら偵察計画を作成していきます。

現地で偵察経路に基づき歩いていると、1~2日前に入った古さの足跡がありました。自分の偵察する経路と全く同じ経路で足跡が続いています。この採集者は、地形を見る地形眼があり、無駄のない経路の選定ができています。よくぞこの経路を見つけ、採集ポイントを絞り込んでいったなと感心するレベルです。 レンジャー訓練をした隊員のレベルに近いものがあります。

 

 

トラッキングによるポイント捜索

 

この人の足跡を追いながらの採集となりました。樹液採集と違い朽木割採集は、朽木を削りながら採集を始め、クワガタの食痕(朽木を食べた跡)を追いながら朽木を削る作業を進めるので、1本の木に2時間以上はかかります。食痕が全然出なかったり、食痕があっても追いかけながら削っていったらコクワガタの幼虫であったりすると、大きなタイムロスになってしまいます。

しかし、タイムロスばかり考えて、朽木割にチャレンジしないとオオクワガタは見つけられません。

この人の足跡から、カワラ茸のある朽木を削るか削らないかを判定するために、朽木の周りを歩いて確認しているのがわかります。ただ、カワラ茸が生えていればいいわけではありません。キノコの菌によって木がコントロールされると、木がキノコの菌によって白枯れ状態に朽ちていきます。この白枯れした状態を朽木といい、キノコが出てくるようになります。

キノコが元気な時は、オオクワガタの幼虫はキノコの菌にまかれて死んでしまうので、キノコが衰退してきた状態の朽木にオオクワガタは産卵します。飼育では産卵すると特有の産卵痕ができますが、自然界では木の洞の奥深くで産卵するため、なかなか見つけることはできません。この人は注意深く自分が見て判断しようとしているところで立ち止まり、迷っているのが足跡からわかります。

試しに一回斧を打ち込んでいたりします。斧の打ち込みから、この人は、まだ朽木の判定ができていないことがわかりました。足跡から、傾斜を登ったりして疲れてくると採集が雑になってきていることから、多くの朽木を見落とす可能性が高いことがわかります。

 

 

雉と出くわす

 

久し振りに細いけもの道に出て、歩きやすくなったなと考えながら、草木で見通しのきかない四差路に出た瞬間、左から歩いてきた雉と1.5メートルの距離でばったり遭遇して、「オウ」と思わず声を出してしまいました。雉を見ると雉も驚いてビクッとして少し羽を開いたのがわかりました。目がワイドアングル(ボーと全体を把握する見方)になっていて、採集の意識がなくなっていたので、雉が気配をとれなかったのかもしれません。

雉と正面でばったり出くわすことは珍しく、なんだか今日はいいことがあるかなと感じました。

 

 
 
≪次のブログも参考にしてお楽しみ下さい≫

 
 
クワガタ、カブトムシ採集・飼育を親子で楽しむ -産卵場所と飼育用マットの違い-
 
クワガタ・カブトムシ採集・飼育を親子で楽しむ -長生きさせるコツ-
 
クワガタ、カブトムシ採集・飼育を親子で楽しむ -種類によって寿命が違う、越冬の仕方-
 
クワガタ、カブトムシ採集を親子で楽しむ-クワガタ・カブトムシの発生時期を知る-
 

 

kindle本になる

 

 
 

オオクワガタ採集記: 朽木割り採集・灯下採集・樹液採集の世界オオクワガタ採集記: 朽木割り採集・灯下採集・樹液採集の世界

 

 

オオクワガタ飼育記 ~マット飼育による美形・大型作出テクニック~オオクワガタ飼育記 ~マット飼育による美形・大型作出テクニック~

 

≪次のブログも参考にしてお楽しみ下さい≫
 
熊本での一晩300匹以上のカブトムシ採集
 
オオクワガタ灯下採集の変化 -マイマイガの大量発生とLED化-
 
オオクワガタから学ぶ自然を味方にする方法
 
巨大犬との戦いは -オオクワガタ採集体験記-
 

 

関連記事紹介